まつもとぼんぼん | 松本と安曇野の観光と見どころ、美味しいお店情報。

まつもとぼんぼん

まつもとぼんぼん
毎年8月の第一土曜日に長野県松本市の松本駅東側から松本城にかけて、「ぼんぼんまつもとぼんぼん」の掛け声にあわせて踊る盆踊り的なイベントが「まつもとぼんぼん」です。昭和50年に始まった松本市を代表する夏の一大祭りで、県下最大級の夏祭りでもあります。

 

 

まつもとぼんぼん
年々参加者が増え続け、最近では約三万人近くが参加しています。見物客は20数万人以上と言いますから、松本の総人口に匹敵する見物客が集まることになります。
まつもとぼんぼん
実は8月の第一土曜日といえば、長野県内では同時に「長野びんずる」や「上田わっしょい」など地域振興や観光を目的とした同種のイベントが各地で開催されていますが、規模や知名度、参加人数の面でもまつもとぼんぼんが圧倒的な集客を誇ります。
まつもとぼんぼん
毎年、統率がとれ最も踊りの内容が良かったグループが優秀賞として表彰されます。そして前年の優秀賞のグループがこの雛壇の上で踊ることができます。37回大会の優秀賞は写真の通り「Briks」というグループでした。このグループは毎年まとまった踊りを見せてくれます。

 

水を差すようなことを書きますが、ただ、歌って踊って…といういかにも現代風な、「作られたお祭り」にあまり関心を示さない人も多く、文化的歴史的な行事の多い松本という城下町において、批判的な意見も多くあるのも事実です。
まつもとぼんぼん
松本という町の魅力は、ぼくは一言でいうと「文化」だと思います。城下町は五穀豊穣を心とする町の発展を祈願するお祭りが多くあります。街のさまざまな行事は全て文化的な色合いが濃く歴史的な背景があります。まつもとぼんぼんはそういう意味ではちょっと文化的な背景にとぼしく思います。

 

まぁ、踊る阿呆に見る阿呆的に楽しめばいいんですけどね。

 


 
T O P 松本と安曇野の魅力 北アルプスの四季 TOPICS/更新情報 サイトマップ