白骨温泉 | 松本と安曇野の観光と見どころ、美味しいお店情報。

これぞ秘湯!山奥の野天風呂は白濁でお肌がすべすべになる白骨温泉。

白骨温泉
上高地や乗鞍観光のついでに是非寄ってほしいのが白骨温泉にあるこの白骨温泉公共野天風呂です。河原にあるため、すぐ横が断崖の岩場で、川の流れを見ながらのんびりお風呂に浸かれます。露店風呂だけのワイルドさは特に男性に好まれるようで、東京や名古屋から来る方も大勢います。
でも実は、正直なところあまり綺麗ではありません。浴槽もその周りもヌルヌルです。女性は嫌がるかもしれません。温泉の成分が強いため掃除しても追い付かないのだと思います。お湯は乳白色で、肌がすべすべになります。

 

 

白骨温泉
こちらが玄関になります。露店風呂ではなく「野天風呂」と書いてあります。料金は510円です。営業時間は17:00までです。冬場は営業していません。ここは公共の野天風呂なので周りの温泉よりは金額が安めです。
白骨温泉
階段で河原へ下っていきます。河原まではかなり高低差があります。
白骨温泉
裸電球がほんわか柔らかく脱衣所や廊下を照らします。脱衣所は狭いわりにはカゴやロッカーが多くあります。
白骨温泉
洗い場もありシャワーが2か所あります。実はしかしこのシャワー、温度調整がほとんどできていません。まったくの水が出たり、熱湯が出たりします。去年ここに来た時もそうでした。今回もシャワーは機能していませんでした。シャンプーやボディソープのようなシャレたものは全くありません。そのため体を洗う男性はほとんどいません。
白骨温泉
ちょっと分かりずらいのですが、お風呂の外はすぐ川が流れています。
白骨温泉
17時の営業終了ぎりぎりだったので誰もいませんでした。誰かいたらとても写真を撮ることはできません。
夏場はこの狭い湯船が人でいっぱいになります。女湯は聞くところによるとガラガラみたいです。やはりこういう秘湯は男性が好むようですね。時期によってお湯の成分も若干異なるようです。乳白色の濁りが濃かったり薄かったりします。
白骨温泉

ちょっと寂しい温泉街ですが、それがまた旅情を誘います。
東京方面からバイクのツーリングで来られる方も多いようです。

 

白骨温泉への行き方

白骨温泉
松本から上高地へ向かう国道158号線を上高地へ向けて走ります。
途中、トンネルの中で、「木曽」へ向かう道と、「高山・上高地」へ向かう道に分かれますので、迷わず上高地方面へ向かいます。
白骨温泉
ほぼ上高地に到着する直前ぐらいで白骨温泉へ向かう標識が出てきます。そのまま白骨温泉方面へ向かいます。車で20分ぐらいで到着します。

 

白骨温泉公共野天風呂
長野県松本市安曇白骨温泉   TEL 0263-93-3251
【営業期間】4月下旬〜11月下旬まで ※冬期は休業しています。2014年は11/17ぐらいだと思います。
10:00〜16:00
(受付終了15:30)
▼7月中旬〜8月末
8:30〜17:00
(受付終了16:30)


 
T O P 松本と安曇野の魅力 北アルプスの四季 TOPICS/更新情報 サイトマップ