支那そば太郎 | 松本と安曇野の観光と見どころ、美味しいお店情報

支那そば太郎は飾り気のない昔ながらの中華が人気。

支那そば太郎
支那そば太郎の前を車でよく通るんですが、中はいつも人でいっぱいの人気店です。お昼の時間だけではなく3時ぐらいでもいつも人でいっぱいです。
創業は昭和57年といいますから、この地で30年以上営業していることになります。やはり長く続く店というのはそれなりに理由があります。変わらない味を守り通して、決して利益に走らない真面目な営業を続けているからこそお客さんも離れず通い続けるんだと思います。

 

 

支那そば太郎
よく見ると支那そば太郎の「那」が剥がれてありません。看板もサビサビで歴史を感じます。
お店に入ると、とにかく飾り気がありません。メニューも何年もそのままといった感じです。「店内への持ち込みはお断りします」という手書きの紙が貼ってあるんですけど、ずっと昔から貼ってある感じです。その昔はご飯とか持ってきて食べている人がいたんでしょうか。
店内は狭くカウンターのみで9席ほど。よくある簡単な丸イスが置いてあります。作っているのは主人1人ですが、時々奥さんらしき女性が出てきます。
カウンター席しかないので厨房が丸見えです。ちょうどチャーシューの仕込みもしていたんですが、豚の脂の必要のない部分を丁寧に包丁で削ぎ落としている姿に職人の技を感じました。
ひっきりなしにお客さんが入ってくるんですが、みな余計な会話もなく、ただ黙々と食べて、お金を払って帰っていきます。

 

支那そば太郎のラーメン
なんかホッとする味です。あっさりした昔ながらの醤油味は優しい美味しさです。シンプルな醤油に海苔、チャーシュー、メンマ、長ネギがのってます。麺は太麺で少しのびていて、麺固好きの人にはちょっと抵抗があるかもしれません。麺はテボですくいあげ、主人が一杯一杯均等に盛り付けていきます。写真は中華そば600円です。大盛りにすると800円になります。ご飯類は一切ありません。ラーメンを注文するとサラダ(キャベツの千切り)が付きます。ラーメンはスープと炭水化物ですから栄養が偏ります。少しだけでも野菜を、という店主の思いやりなんでしょうね。

 

支那そば太郎への行き方

支那そば太郎

 

長野県松本市梓川倭555-1
電話番号0263-78-4901
定休日:基本的に月曜

 

県道48号線沿いのアップルランド梓川店のすぐとなりです。


 
T O P 松本と安曇野の魅力 北アルプスの四季 TOPICS/更新情報 サイトマップ