四柱神社 | 松本と安曇野の観光と見どころ、美味しいお店情報。

なんでも願い事がかなうというありがたい四柱神社はロケ地としても有名

四柱神社

 

ナワテ通りに接して、四柱神社(よはしらじんじゃ)という願いごと結びの神様が祀ってある神社があります。全ての願いが叶うという、とても御利益のある神社です。ナワテ通り商店街の散策ついでに立ち寄る観光客も大勢います。実は縁結びの神としても有名で全国各地からも参拝者が訪れます。ここはロケ地としても有名で、最近では「神様のカルテ」もここで撮影されました。

 

 

四柱神社

古事記の巻頭に「天地初発の時、高天原に成りませる神の御名は、天之御中主神、次ぎに高御産巣 日神、次ぎに神産単日神・・・」と記されており、我が国の歴史上で最初に出現された神様です。 造化の三神とも申し上げるこの神々の御力によって、天地万物が生成されたと言われております。天之御中主神は御名の示します通り、天の中央に坐す主の神として、産巣日神(産霊神)の御はた らきを統一される神様です。高皇産霊神・神皇産霊神は宇宙創造の根元の神様で、御神名の「ムスビ」は実をむすぶ、苔がむす 等と同様に、生産し、果実し、調和させる御力を示します。天照大神は、この造化の三神の御神意を地上に顕現される神様で、伊勢の神宮、宮中の賢所に奉斎 される最高至上の大祖神様です。このような大変に高い御神徳の神様をお祀り申し上げる当四柱神社は、すべての願いごとが相叶う という意味から「願いごとむすびの神」として全国各地より御崇敬をいただいております。
右の写真の案内板にはこのように記されています。簡単に言うと「すべての願いごとがかなう神社」ということです。なんとありがたい神社でしょうか。

 

 

 

四柱神社
天之御中主神、高皇産霊神、神皇産霊神、天照大神の四つの神を祭神としていることから四柱神社という名称がついたということです。
四柱神社
こちはら身を清める手水舎です。ハトがたくさんいるので、入ってこないようにアミがかけられています。
四柱神社
四柱神社へ入る明治天皇がお渡り始めをした御幸橋です。
四柱神社
鳥居です。それから境内にたくさんいるハトです。何故か背中に飛びつこうとして男性を追い回しているハトがいました。
平日の昼間でしたが参拝者は絶えません。ナワテ通りを歩いて、四柱神社でお参りして、それから松本城へ行く方が多いようです。
是非お越しください。

2015年1月12日に初詣に行ってまいりました。

四柱神社
普段あまり人がいないのですが、初詣のお客さんと、松本城で氷彫祭りが行われていたこともあり本日は賑わってました。

 

おみくじを引いたら「小吉」でした。詳しく読んでみると「他人のために尽くしなさい」と書いてありました。今年は飛躍の年にします。そのためには自分のことばかり考えていないで、常に人のことを考えて行動したいと強く感じた日でした。

 

四柱神社への行き方

四柱神社

 

長野県松本市大手3-3-20

 

松本駅から徒歩15分から20分ほどかかります。


 
T O P 松本と安曇野の魅力 北アルプスの四季 TOPICS/更新情報 サイトマップ