あがた(縣)の森文化会館 | 松本と安曇野の観光と、美味しいお店情報。

ヒマラヤ杉に囲まれたあがたの森文化会館。

あがたの森文化会館

 

ぼくの好きな松本の見どころにあがたの森公園(文化会館)があります。松本駅前から東に延びるメイン道路をまっすぐ行くと突き当りにあります。
ここは旧松本高等学校の跡地で、今も校舎が重要文化財として残っています。全国的に旧高等学校の遺構が少なくなっている中で、当時の状況が最も良好に保持されている唯一のものといわれています。北杜夫もここの出身だそうです。
敷地に入るのは無料です。一部の校舎や展示室に入るのは有料です。

 

校舎は昭和25年から信州大学の文理学部・人文学部校舎として昭和48年まで使用されていました。建物は、西洋建築様式を簡略化して応用した洋風木造建築で、明治末期から大正時代前期にかけての代表的作例といわれています。

 

 

旧制松本高等学校
こちらは正面入り口です。ちょうどサイトウキネンフェスティバルの期間中ということもあり、のぼりが飾ってあります。

 

あがたの森文化会館
巨大なヒマラヤ杉に囲まれた敷地内は市民の憩いの場です。ここでかの有名なクラフトフェアも開催されます。普段は人の姿は少ないのですがクラフトフェアの時期はすごい人混みです。それから、サイトウ・キネン・フェスティバルもここで一部開催されます。明治・大正の文化が漂う、素晴らしい松本の観光スポットです。

 

 

 

あがたの森文化会館
ここは有名なロケ地でもあります。この日もなにか映画の撮影をしていました。NHKの連ドラ「おひさま」もここで撮影をしていました。
あがたの森文化会館
こちらは講堂です。ミニライブが時々開催されます。
サイトウキネンの生演奏もこの講堂で一部開かれます。内部の写真がありませんが、木造の演台や壁がとってもレトロな感じです。
あがたの森文化会館
これが校舎の全景です。木造二階建てで中はレトロな感じです。次回校舎内の様子も撮影します。
あがたの森文化会館
復元された教室です。懐かしい木製の机が並んでいます。ぼくが小学生の頃はちょうど木製の机からスチール机への過渡期で、学年によっては木製の机を使っていました。裸電球が1個下がっています。
あがたの森文化会館
こちらは復元された校長室です。入るのは無料です。
あがたの森文化会館
外を見た風景と、廊下の写真です。

 

文化漂う素敵な施設です。

 

あがたの森公園内への行き方

あがたの森文化会館
[所在地]郵便番号390-0812 松本市県3-1-1
電話 0263-32-1812 FAX 0263-33-9986

 

開館時間と休館日

 

【開館時間】
 平日 9時から22時まで
 日曜 9時から17時まで
【休館日】
 ○毎週月曜日 ○祝日(祝日が日曜日にあたる時は日曜日を開館し、月・火曜日休館/月曜日にあたる場合は月・火曜日休館)
 ○年末年始
交通案内

 

【徒歩】
 JR松本駅より約20分
【バス】
 松本周遊バス(タウンスニーカー)東コース「旧松本高校」下車
【タクシー】
 JR松本駅から(約1.5km)タクシー5分
※長野自動車道松本ICから(約4km)20分
※駐車場有(約40台)


 
T O P 松本と安曇野の魅力 北アルプスの四季 TOPICS/更新情報 サイトマップ