開智学校 | 松本と安曇野の観光と見どころ、美味しいお店情報。

日本の大工の棟梁が建築した開智学校。

開智学校
松本で、松本城の次に人気がある観光スポットと言えばやはり開智学校でしょう。明治6年に開校した「擬洋風建築」の小学校の管理棟で、国の重要文化財に指定されています。「擬洋風建築」というのは、外国の建築家が建てたのではなく、日本人の技術者が見よう見まねで建てた建物だということです。やはり日本人は器用ですね、その技術力の高さには圧倒されます。松本の大工の棟梁、立石清重(たていしせいじゅう)が建てたということですが、デザインも自分で行ったということですから素晴らしい才能の持ち主です。

 

開智学校
こちらは正門です。いつもはここは閉まっているので、横から入ります。外観だけでなく、中の扉の彫刻、ステンドグラスなど、よく見ると色々な装飾の細工が美しいです。完全な洋風ではなく和風な面もあり、和洋折衷になってしまった感のあるところが興味深いです。

 

開智学校
白い壁が青空に映えて美しいです。

 

開智学校
天使?みたいな2人の男の子が開智学校の看板を持ってます。見よう見真似で作った感じがとってもします。バルコニーも手彫りでなにやら怪しげです。

 

開智学校

 

昔の教室が再現してあります。懐かしい木造の机とイス、そしてオルガンです。昔はどこの教室もこんな風景でした。

 

開智学校

 

昔の教科書も展示してあります。

 

開智学校

 

開智学校

 

石炭ストーブです。

 

開智学校

 

謄写版、いわゆるガリ版ですね。昔はこれでプリントを刷ってました。

 

開智学校

 

洋風デザインの建物ですが、内部はこういった和風の趣が多くあります。彫刻のついた桟唐戸です。これは近くのお寺から持ってきたということです。

 

開智学校

 

講堂です。ステンドグラスがモダンです。とても日本の棟梁が作ったとは思えません。

 

開智学校
こちらはすぐ隣にある司祭館です。開智学校は有料ですが、こちらは無料です。ちなみに奥にある近代的な建物は松本中央図書館です。時間があれば寄ってみてください。戦時中の資料が少しですが展示してあります。

 

開智学校

 

こちらは司祭館の内部の写真です。

 

松本城からのんびり歩いて10分ほどのところにあります。

 

是非お越しください。

 

 

開智学校への行き方

重要文化財旧開智学校校舎
〒390−0876 松本市開智2−4−12
電話:0263−32−5725

 

【開館時間】
 午前9時から午後5時まで
 (ただし入館は午後4時30分まで)

 

【休館日】
 年末年始(12月29日から1月3日)
 3月から11月は第3月曜日(祝日の場合翌日)
 12月から2月は毎週月曜日(祝日の場合翌日)

 

【観覧料】
 ・個人の場合
   大人300円、小中学生150円
 ・団体(20名以上)の場合
   大人250円、小中学生100円

 

【旧開智学校へのアクセス】
 ◇バス
  ・タウンスニーカー(190円バス)北コース「旧開智学校」下車
  ・松本駅前から北市内線「蟻ヶ崎高校前」下車東へ徒歩5分
 ◇徒歩
  ・松本駅から25分
  ・松本城から北へ10分


 
T O P 松本と安曇野の魅力 北アルプスの四季 TOPICS/更新情報 サイトマップ