カフェバリエ | 松本と安曇野の観光と見どころ、美味しいお店情報。

カフェバリエは手作り感いっぱいの洋食屋さん。

カフェバリエ
2012年GWの前にオープンした洋食屋さんカフェバリエです。若い人から年配者まで女性グループ中心にいつもお店は混雑しています。これは朝前を通りかかった時に撮った写真なのでまだ車は一台も止まっていませんが、お昼になると他府県ナンバーも多く止まっています。最近安曇野に美味しいイタリアンのお店が増えていますが、カフェバリエは先駆け的な洋食屋さんです。

 

 

カフェバリエ
店内は、女性客を意識した明るい感じです。店内の装飾やアンティークな机や椅子は周りの景色に溶けこんでます。
カフェバリエ
左は駐車場から見た景色、右は窓越しに見える景色です。松本や安曇野の市街地、そして遠くに美ヶ原高原が見えます。この逆側が北アルプスなのですが、あまりにも近すぎて山頂までは見えません。
カフェバリエ
こちらは手作りロールキャベツです。地元の野菜がごろごろと入っていて、食べごたえ抜群です。ロールキャベツと一緒に煮込んだ野菜と、別に調理した野菜が分けられていて、野菜本来の旨味を損なうことないよう配慮されています。ご飯は五穀米に代えることも可能です。
カフェバリエ
とにかく手作りの感じが最高です。やっぱり美味しい野菜を使った手作り料理というのはこの地方では大事なキーワードですね。最近安曇野にはおしゃれで美味しいイタリアンが増えているのですが、ぼくはここの手作りの洋食が一番好きです。それはとにかく料理が丁寧で手作り感いっぱいだからです。
カフェバリエ
鶏肉料理と地元の新鮮な野菜にトマトソースがあえてあります。野菜サラダはシャキシャキです。
カフェバリエ
ししとうは激辛でした。大人の味と言ったところです。「子供の食べ物じゃないよ、大人の味だよ」って言ってるみたいです。
カフェバリエ
こちらはカレーのプレート\1080円です。旬の安曇野産の野菜がごろごろと入ってます。フライドきのこが良いアクセントになってます。とってもヘルシーです。
カフェバリエ

食前に出てくる、チーズのシューと食後のデザートです。もものシャーベットは美味しい!スイーツのお店にしてもいいぐらいです。

冬のカフェバリエ

雪の中、本日はcafeでカフェバリエにやってきました。
カフェバリエ
安曇野はこの時季、訪れる人も少なく、なんとも趣のあるいい感じです。
カフェバリエ
cafeのメニューです。都会と違って値段が安いんですよね。雪や雨で遠出したくないときは、のんびりと安曇野でコーヒーとケーキで一服です。
カフェバリエ
雪が降ると観光客もほとんどいません。窓からは雪景色の安曇野市内や松本の街並みが一望できます。
カフェバリエ
とろとろスフレマロン\400円です。ブラックコーヒーがよくあいます。
カフェバリエ
スイーツの盛り合わせ\550円です。ケーキが4種類、いろいろ味わえて満足です。これだけ楽しめてこの値段はお徳です。

 

早春のカフェバリエ

カフェバリエ
まだ雪がちらつく早春の日、本日もお茶に行ってまいりました。
カフェバリエ
こちらは2階です。2階はあまり人もおらず落ち着きます。それから外の景色もいいんですよね。少し曇っていたんで遠くまで見渡せませんでしたが、晴れていれば美ヶ原高原、松本の街並みが望めます。双眼鏡も置いてありますから覗いてみてください。
カフェバリエ
桜プレート550円です。右上は桜の花が入ったゼリーです。センスの良さが光ってますね。単に美味しい美味しくないではなく、こういった季節感を取り入れたデザートは見た目も味も楽しめますね。
カフェバリエ
焼きたてベルギーワッフル550円です。こちらのお店で焼いているから、サクサク熱々で美味しい!値段も手ごろです。東京なら850円はするでしょうね。

 

ここは定期的に来てますが、観光で来られた方にもおおすすめです。季節感たっぷり、地元の食材を使った料理を楽しめます。
センスの良さが随所に光るとっても落ち着けるお店です。

 

6月のカフェバリエ

カフェバリエ
ビーフシチュープレートです。
カフェバリエ
お肉なんて柔らかくってサイコーです!五千尺ホテルのビーフシチューよりもカフェバリエの方がうまい!おすすめです。
カフェバリエ
ブイヤベースです。パンか五穀米を選ぶことができます。とってもヘルシーですね。

 

カフェバリエ
魚(きんめともう1種類)、イカ、エビ、ムール貝、ホタテ、野菜が入っていて、美味しいですよ!

 

お店はあづみのの朝の向かいにあります。

 

カフェバリエへの行き方

カフェバリエ

 

〒399-8301長野県安曇野市穂高有明8177-1
TEL&FAX  0263-87-3323

 

http://www.cafevarie.com/


 
T O P 松本と安曇野の魅力 北アルプスの四季 TOPICS/更新情報 サイトマップ