「水色の時」の道祖神 | 松本と安曇野の観光と見どころ情報。

「水色の時」の道祖神はかつてテレビドラマに使われました。

水色の時の道祖神
年間120万人の人が訪れる大王わさび農場から徒歩で15分ぐらい、約700メートル離れたところにその道祖神はあります。

 

 

水色の時の道祖神
かつて大竹しのぶさんがまだ10代の頃、NHKの朝ドラで主役を務めた「水色の時」で使われた道祖神です。ロケ地は松本と安曇野で、放送は1975年といいますから、40年ぐらい前のドラマになります。
直前に放送された「鳩子の海」が記録的大ヒット作品であったにもかかわらず、「水色の時」もそれに勝るとも劣らない人気があり、なんと平均視聴率は40%以上あったとのことです。
昭和天皇もこのドラマが大好きで、米国訪問の際に、侍従に留守中はビデオ録画するよう命じたというエピソードは有名です。
後ろに見えるのは有明山です。やはり安曇野といえば有明山ですね。

 

水色の時の道祖神
道祖神と言えば、男女が仲むつまじく手をとりあっている姿がいいですね。見ていると微笑ましくなります。安曇野には他に、おひさまで使われた道祖神もあります。そちらとあわせて道祖神めぐりをされるのもいいと思います。

 

水色の時の道祖神

当時は話題になったと思いますが、今では訪れる人もほとんどいません。忘れ去られたかのようにひっそりとたたずんでいる姿には時代の流れを感じます。

 

放送された当時の録画が初回と最終回しか残っていないらしく(皇居には数話あるかもしれませんが)、再放送される可能性はほぼないようです。ドラマの内容は時間とともに見た人の心から少しづつ薄れていくかも知れませんが、この道祖神はこの地にずっと残っていくに違いありません。

 

すぐ横の道路を、「水色の時の道祖神だ!」と言いながら自転車で走り去った年配の女性の方がいました。おそらく観光で訪れているとは思いますが、ほとんど感心がない様子でした。
水色の時の道祖神
近くにはこんなに綺麗な川が流れています。水の流れる音と茂みの虫の声だけがあたりをつつみます。当時の記憶がある方は、大王わさび農場へ来た際には是非お立ち寄りください。

 

※駐車場がすぐ隣にあります。車5台ぐらいは停められます。いつでも空いているので止めることができます。

 

「水色の時」の道祖神への行き方

住所:安曇野市穂高等々力
※田園風景の中にあるので住所は定かではありません。下記の地図を参考に行かれるのがよいと思います。


 
T O P 松本と安曇野の魅力 北アルプスの四季 TOPICS/更新情報 サイトマップ