銀座NAGANO

銀座NAGANOへ行ってきました。

銀座NAGANO
東京の銀座に長野県のアンテナショップ「銀座NAGANO」がオープンしたので行ってきました。
アンテナショップとは商品の販売が主目的ではなく、間接的に観光地やその地方の特産品をPRして、観光客を増やしたり、地域の特産品の売り上げをのばすのが目的のお店になります。
銀座や日本橋近辺には多くのアンテナショップがあります。山形、島根、沖縄、北海道などなどで、現地へ行かないと買えないような特産品なども買えます。

 

 

銀座NAGANO
1階と2階のフロアが銀座NAGANOです。こちらは2階へ上がる階段から撮った写真です。高級感を出すために高級な木材を使った壁に間接照明をあて、店内はあえて暗めにしてあるようです。
長野県は酒蔵やワイナリーが多いこともあり商品の大半は日本酒とワインです。ちょっとたけ試食できるようなスペースもありますが、ほとんど使われていないようです。2階は県内のPRコーナーと長野県で有名な丸山コーヒーのお店があります。PRコーナーといっても観光パンフレットが並べてあるだけです。
銀座NAGANO
お酒以外は野沢菜や長野の漬物です。その他は下の写真のような栗のお菓子などです。
銀座NAGANO
どれもこれも工場のラインで作られてきっちりと包装され、人工的な保存料と香料がたっぷりと入ったお菓子ばかりです。

 

長野県のアンテナショップと聞いていたので、地元のありのままの名産品が並んでいると思ってました。長野県と言えばお蕎麦とおやきです。それからりんご、ぶどう、レタスなどの果物や高原野菜など自然色豊かな食べ物が豊富です。そういった自然の恵みを全面に出すこともなく、並んでいる商品は東京駅やデパートの地下で買えるようなものばかりです。銀座という土地柄、高級路線でいくのは仕方がないかもしれませんが、もっと地域の特色を全面に出したショップにしてほしかったです。
長野県を高級ブランド化して移住したい県No1の地位をもっと強固にし、金持ちを移住させるのが狙いだけのお店のようにしか感じられませんでした。
イメージアップだけが狙いのかなり残念な「銀座NAGANO」でした。

 

みなさん、長野県は、自然が豊富で、サルや鹿や熊やカモシカや白鳥やタヌキがいっぱいいて、寒くて雪が多く、夏は暑い里山だらけの田舎ですよ!ここは少しイメージが違います。

銀座NAGANOへの行き方

銀座NAGANO

 

〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目6-5 NOCOビル 1F・2F・4F
TEL 03-6274-6015(代表)
営業時間 10:00?20:00(1F・2F)定休日 年末年始


 
T O P 松本と安曇野の魅力 北アルプスの四季 TOPICS/更新情報 サイトマップ